中性脂肪 アルコール

MENU

お酒に含まれるアルコールは、中性脂肪が高い原因になる?

中性脂肪が高い理由について

 

健康診断で引っかかったことがある方も多いであろう中性脂肪。
放っておくと、恐ろしい病気にもつながりかねない中性脂肪。

 

何とかして下げて、正常値に止まりたいものですよね!
では、中性脂肪が高い原因とは何なのでしょうか?

 

様々なことが考えられますが、主に毎日の生活習慣、
特に食事が大切なんです。

 

その中でも、お酒に含まれているアルコールは、
中性脂肪が高い原因になると言われています。

 

なぜ、アルコールは中性脂肪が高い原因になるのでしょうか?

 

どのようなお酒の種類は、
特に中性脂肪が高い原因となりうるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

お付き合いでもお酒の席が多く、なかなかやめられないと言う方、
中性脂肪が気になるという方は、ぜひ参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

アルコールと中性脂肪

 

中性脂肪が高い理由について

 

なぜ高い原因になる?

 

アルコールが原因で中性脂肪が異常に高くなり、
脂質異常症といった病気になる方は、意外と少なくないんです。

 

実はアルコールは、体の中に入ると
中性脂肪を作る働きを促進してしまうのです。

 

アルコールは、体の中で分解される必要がありますが、
その分解される過程の中で、
中性脂肪を作る酵素の原因となるからです。

 

ですから、アルコールを長年大量に飲み続けると、
中性脂肪が高い原因となってしまいます。

 

更に、実は、アルコールを分解する臓器である肝臓は、
中性脂肪を分解する働きもしています。

 

アルコールを分解することに忙しくなってしまうと、
肝臓が溜まってしまった中性脂肪を分解する余裕が
なくなってしまうため、中性脂肪が
結果として増えてしまうんです。

 

ですから、アルコールをたくさん飲むと、
中性脂肪が高い原因になるというわけです。

 

酒の種類と中性脂肪

 

中性脂肪にとって、
お酒はあまり良くないということが分かっても、
アルコールをきっぱりやめるとうことは、
なかなか出来ませんよね。

 

ですから、どのようなお酒を選べば
中性脂肪が高い原因になりにくいのかという事も、
知っておくと良いでしょう。

 

アルコール以外に、中性脂肪が高い原因になってしまうものは、
脂質や炭水化物だと言われています。

 

炭水化物には糖質も含まれていますから、
糖質の多いお酒を避けると良いでしょう。

 

ビールや日本酒などのお酒は糖質が多く、
中性脂肪が高い原因になる種類のアルコールです。

 

カロリーの低い焼酎などがおすすめです。