中性脂肪 コレステロール

MENU

同じようなイメージがある中性脂肪とコレステロールの関係とは?

中性脂肪が高い理由について

 

中性脂肪とコレステロールには深い関係があり、
両方の特徴を知っておくことで、より健康管理をする上で
役に立ちます。

 

中性脂肪とコレステロールには、どのような関係があり、
どのような違いがあるのでしょうか?

 

今回この記事では、中性脂肪とコレステロールの関係について、
調べてまとめてみました。

 

中性脂肪やコレステロールの数値が気になる、という方、
自分の体は自分で守りたい!という方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

コレステロールと中性脂肪の関係

 

中性脂肪が高い理由について

 

コレステロールとは?

 

と言うのは、人間の全身に存在している、
細胞の膜を作るために必要な成分です。

 

そして、脂質の一種であり、
人間の生命維持には欠かせない成分なんです。

 

コレステロールは、食べ物から取り入れたり
体内で作られるものですが、コレステロール値が
高くなってしまうと、健康に良くないとされています。

 

コレステロールには、悪玉コレステロールと
善玉コレステロールがあり、バランスを整え、
上手にコントロールしていくことがポイントです。

 

高すぎても低すぎてもコレステロールは良くないので、
毎日の食事や運動習慣がとても大切だと言われています。

 

中性脂肪とは?

 

中性脂肪は、食事から、または肝臓で作られて、
体の中に溜まっていく脂肪のことです。

 

体の中でエネルギーとして使われていきますが、
すぐには使われていないため、過剰に残ってしまうと、
体内に備えられて行きます。

 

中性脂肪が高くなりすぎると、肝硬変や心筋梗塞、脳梗塞といった
病気を引き起こしてしまうので、要注意です。

 

さらに、低すぎてもエネルギー源が不足し、
体調不良の原因となりますので、気を付けなければいけません。

 

中性脂肪コレステロールの関係

 

では、中性脂肪とコレステロールには、
どのような関係があるのでしょうか?

 

この二つは、作られる場所や目的は全く異なりますが、
同じ脂肪で、その増減が相互に関係があります。

 

どのように関係しているのでしょうか?

 

血液の中で、中性脂肪の数値が上がると、
善玉コレステロールが減少します。

 

それにより、悪玉コレステロールが増加し結果として、
コレステロールのバランスが乱れてしまうんです。

 

また、中性脂肪が原因となり悪玉コレステロールが増えるので、
動脈硬化の原因となります。

 

コレステロールと中性脂肪、どちらも要注意

 

中性脂肪が高い理由について

 

いつまでも元気で自分らしく過ごすためにも、
中性脂肪やコレステロールを正常値に保つように心がけましょう!