中性脂肪が高い 症状

MENU

高中性脂肪の症状・合併症などの危険性は?

高中性脂肪 画像

高中性脂肪の症状は、収縮期中性脂肪が140mmHG以上・
拡張期中性脂肪が90mmHG以上
の中性脂肪の数値状態の事を
言います。

 

日本高中性脂肪学会のガイドラインを参考に定められた健康的で
理想的な中性脂肪数値の状態は、収縮期中性脂肪が120mmHG・
拡張期中性脂肪が80mmHG未満です。

 

 

高中性脂肪の症状と種類

 

実は、高中性脂肪の種類には2つあり「二次性高中性脂肪」・「本能性高中性脂肪」
言うものです。

 

はじめに「二次性高中性脂肪」の方から説明しますと、脳血管障害・
脳腫瘍・慢性腎炎などの病気が原因となり起こる高中性脂肪のことで、
続発性高中性脂肪とも言われます。

 

動脈などの先天性疾患、妊娠中毒症などが原因で起きる高中性脂肪も
二次性高中性脂肪です。

 

 

続いて「本能性高中性脂肪」について説明しますと、こちらは明確な
原因が特にわからない場合の高中性脂肪の事で、なんと高中性脂肪に悩む方の
90%以上が本能性高中性脂肪とされています。

 

原因はハッキリわからないのですが、毎日の生活習慣・食事・運動・
過度なストレスなど様々な要素が引き金となって高中性脂肪になっていると
考えられています。

 

 

高中性脂肪になった場合の自覚症状

 

高中性脂肪になったとしても、自覚症状はほとんど感じられない
言われています。

 

なので高中性脂肪は悪化するまで見逃されやすく、たまたま参加した
健康診断などで指摘されても大丈夫だろうと軽く見てしまい
放置してしまいやすいんですね。

 

たとえ高中性脂肪自体の自覚症状が感じられなくても、血流が原因となり
体に現れる不快感や体調不良が高中性脂肪のサインとなる場合もあります。
めまい・耳鳴り・頭痛・肩こりなどを感じた場合は、高中性脂肪を
疑ったほうが良いかもしれません。

 

ただ、これらが100%高中性脂肪の症状だとは言えないので、中性脂肪を
頻繁にチェックしてみる、健康診断を受けるなどして自分で中性脂肪を
管理することが大切です。

 

 

合併症の可能性・危険性

 

高中性脂肪になった場合、合併症を発症する可能性があり危険です。

 

自覚症状がないため高中性脂肪を放置した結果、高中性脂肪状態が悪化していき、
心臓が圧力に適応しようと肥大化や硬化してしまいます。

 

それが原因となり動脈硬化が引き起こされてしまったり、心筋梗塞・
大動脈流破裂
などの重大な命にかかわるような疾患を引き起こしてしまう
可能性があります。

 

高中性脂肪は自覚症状が感じられない分、重篤な合併症などの症状が
突然現れると感じることから「サイレントキラー(静かなる暗殺者)」とも
言われています。

 

 

合併症の可能性が高いもの

 

脳へのダメージと合併症

 

高中性脂肪が引き金となって、動脈が硬くなり脆くなってしまいます。
さらに、動脈硬化が悪化していくと脳卒中になる可能性があります。

 

脳卒中には種類があり、脳出血・脳梗塞・くも膜下出血・
一過性脳虚血発4つです。
これらは全て命を危険にさらす重大な疾患です。

 

 

心臓へのダメージと合併症

 

高中性脂肪状態でいることで、心臓の筋肉が厚く肥大化し大きくなります。
心肥大と呼ばれる症状で、血液を全身へと送り出すポンプ機能が
ダメージを受け弱まり、最終的に心不全になってしまいます。

 

冠状動脈の硬化が進行してしまうと、血流がスムーズに行かず
途絶え詰まってしまうことがあります。
そうなると狭心症・心筋梗塞が起こってしまいます。

 

 

目へのダメージと合併症

 

高中性脂肪で網膜の動脈硬化が悪化してしまうと、網膜内に出血・白斑が
引き起こされます。
それが進行してしまうと視力障害・眼底出血になってしまう危険性があり、
最悪の場合は失明の可能性も考えられます。

 

 

腎臓へのダメージと合併症

 

高中性脂肪で肝臓の動脈硬化が引き起こされることで、肝機能低下・
腎臓の細動脈硬化で腎不全になってしまう可能性があります。
腎臓が硬くなり小さくなってしまうので、心不全の原因にもなります。