中性脂肪が低い 授乳

MENU

中性脂肪が低い授乳について

中性脂肪が高い理由について

 

中性脂肪が低いと言われている授乳については授乳中に中性脂肪で
ママが赤ちゃんに与えるおっぱいが出来ているのです。

 

母乳を赤ちゃんに与える事により、ママは中性脂肪が失われて
しまうと言われています。

 

 

中性脂肪が低い授乳について

 

中性脂肪が高い理由について

 

授乳中には、赤ちゃんのおっぱいを作るためには、母乳の成分の
ほとんどが中性脂肪で出来ています。

 

そのために、赤ちゃんにおっぱいを与えているママは、血液検査を
受けると中性脂肪の値が標準の1/3以下になり、低い状態と
言われています。

 

そのために、赤ちゃんが産まれるとママは疲れやすくなりますし、
おっぱいを与える必要もあり、栄養失調などを疑う場合もあるの
ですが大丈夫です。

 

授乳期になると蓄えられた中性脂肪が母乳となりママのおっぱいが
赤ちゃんの成長のエネルギーとして受け渡されるのです。

 

中性脂肪が低い授乳の時期は、中性脂肪を上げる事を心がけて
いく必要があります。授乳期には、おっぱいとして消費される分を
考慮して、少しカロリーの高い食事を意識するようにしましょう。

 

カロリー摂取だけを上げるのではなくママのおっぱいで赤ちゃんが
成長する大事な栄養素なので、悪影響を与えるような食事は避ける
必要があります。

 

 

中性脂肪が低い授乳は大丈夫

 

中性脂肪が高い理由について

 

中性脂肪が低い授乳中の仕組みについては、中性脂肪でおっぱいが
作られるという事です。

 

その中で、多くのママが気になっているのは、赤ちゃんへの影響
だと思います。

 

妊娠中にママの中性脂肪は増えてしまうのですが、妊娠中にママの
中性脂肪が増えた場合でも赤ちゃんへの影響はありません。

 

中性脂肪は分子が大きく、赤ちゃんへと栄養を送る際に使う胎盤を
通り抜けることが出来ないと言われています。

 

赤ちゃんを産むまでは、中性脂肪の値が正常な場合でも、授乳する
事により、赤ちゃんに必要となっているおっぱいを作るために、
必要となっているので、悩む必要はありません。

 

改善を目指すためには、ママにも十分な栄養が必要になって
くるので、食事で時々、脂肪分の多いものを1品追加するなどと
いう事もお勧めできます。

 

注意が必要になってくるのは、授乳中のママは中性脂肪が低い
状態となっていますが、授乳が終わると元に戻ってしまいますので
食生活などできちんと自分をコントロールする必要があります。

 

実際に、どれだけカロリーを摂っても授乳中が大丈夫と考える
ママも多いのですが、規則正しい食生活を送ることが何よりも
大切です。

 

さらに、赤ちゃんへのおっぱいが終わった後は、母乳に中性脂肪が
必要なくなってしまうので、太ってしまう可能性があるので、
きちんと考えて食事をするようにしましょう。